顧客情報の取扱いについて

當行は、お客さまから安心して情報を提供いただき有効に利用させていただくため、個人情報(お客さまの個人番號(いわゆるマイナンバーをいいます。以下同様です。)及び個人番號をその內容に含む個人情報(以下、「特定個人情報」といいます。)を含みます)および法人のお客さまの情報を合わせた顧客情報の取扱いについて下記の通り公表いたします。

顧客情報の取得?利用について

當行は、顧客情報を適切かつ適法な手段により取得し、下記業務において當行及び當行の関連會社や提攜會社の金融商品やサービスに関し下記利用目的の範囲內において利用させていただきます。

業務內容

  1. 預金業務、為替業務、証券業務、両替業務、融資業務、外國為替業務、リース業務及びこれらに付隨する業務
  2. 公共債の窓口販売業務、投資信託の窓口販売業務、保険商品の窓口販売業務、金融商品仲介業務、信託業務、社債業務等、法律により銀行が営むことができる業務及びこれらに付隨する業務
  3. その他銀行が営むことができる業務及びこれらに付隨する業務(今後取扱が認められる業務を含む)

利用目的

【個人番號?法人番號を含まない顧客情報について】

  1. 各種金融商品の口座開設等、金融商品やサービスの申込の受付のため
  2. 各種金融商品やサービスのご提案のため
  3. 金融商品取引法に基づく有価証券?金融商品の勧誘?販売、サービスのご案內のため
  4. 犯罪収益移転防止法に基づくご本人さまの確認等や、金融商品やサービスをご利用いただく資格等の確認のため
  5. 預金取引や融資取引等における期日管理等、継続的なお取引の管理のため
  6. お客さまに対し、取引結果、預り殘高等の報告を行うため
  7. 融資の申込や継続的な利用等に際しての判斷のため
  8. 適合性の原則に照らした判斷等、金融商品やサービスの提供にかかる妥當性の判斷のため
  9. 與信事業に際して個人情報を加盟する個人信用情報機関に提供する場合やお預かりしたビジネスマッチング情報等を當行取引先に提供する場合等、適切な業務の遂行に必要な範囲で第三者に提供するため
  10. 與信事業に際して債権譲渡等に関し、債権の管理回収や証券化等に必要な範囲で第三者に提供するため
  11. 他の事業者から個人情報の処理の全部又は一部について委託された場合等において、委託された當該業務を適切に遂行するため
  12. お客さまとの契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
  13. 市場調査ならびにデータ分析やアンケートの実施等による金融商品やサービスの研究や開発のため
  14. ダイレクトメール等の発送や電話勧誘による、各種金融商品やサービスのご提案のため
  15. 各種お取引の解約やお取引解約後の事後管理のため
  16. その他お客さまとのお取引を適切かつ円滑に履行するため

【個人番號または法人番號を含む顧客情報について】

  1. 金融商品取引に関する法定書類作成事務を行うため
  2. 非課稅貯蓄制度等の適用に関する事務を行うため
  3. 國外送金等取引に関する法定書類作成事務を行うため
  4. 預貯金口座付番に関する事務を行うため
  5. その他、特定個人情報等を取り扱う事務を行う場合において、法定の個人番號関係事務を行うため

外部委託

當行は、事務の効率化等を目的として、業務を外部に委託することがあります。外國にある委託先に個人データを提供する場合には、法令で定められた場合を除き、事前にお客さまに同意をいただくこととします。

その他

當行は、あらかじめ利用目的を明確にして顧客情報を取得いたします。また、業務の適切な運営から、お客さま本人の顧客情報取得に加えて、法人先との取引においては法人代表者の氏名等の個人情報を、融資のお申込みの際にはご家族情報を取得する場合がございます。
なお、下記の通り特定の個人情報の利用目的が、法令等に基づき限定されている場合には、當該利用目的以外で利用いたしません。

  • 個人情報の保護に関する法律第2條第3項に定める要配慮個人情報並びに労働組合への加盟、門地、本籍地、保険醫療及び性生活(これらのうち要配慮個人情報に該當するものを除く)に関する情報(本人、國の機関、地方公共団體、法第76條第1項各號若しくは施行規則第6條各號に掲げる者により公開されているもの、又は、本人を目視し、若しくは撮影することにより取得するその外形上明らかなものを除く。以下「機微(センシティブ)情報」という。)については、法令等に基づく場合や適切な業務運営を確保する必要性からお客さまの同意をいただいた場合等を除き、原則として取得?利用?第三者提供はいたしません。
  • 銀行法施行規則第13條の6の6等により、個人信用情報機関から提供を受けた資金需要者の借入金返済能力に関する情報は、資金需要者の返済能力の調査の目的以外に利用?第三者提供いたしません。
  • ※セールスを目的としたダイレクトメールの発送、電話勧誘などのダイレクトマーケティングをご希望されないお客さまは、お取引店までお申し出ください。中止のお取扱いをさせていただきます。

顧客情報の第三者への提供について

當行は、法令等により認められる場合を除き、あらかじめお客さまの同意をいただくことなく顧客情報を第三者に提供することはありません(ただし、「3.顧客情報の共同利用」に従って共同利用する場合を除きます。)。個人のお客さまについて、個人情報保護に関する法律第23條第1項によりあらかじめお客さまの同意をいただくことなく第三者提供が認められる場合は、次の通りです。なお、お客さまの特定個人情報(いわゆるマイナンバーをその內容に含む個人情報)については、番號法第19條で定められた場合を除き、第三者に提供いたしません。

  • 法令に基づく場合。
  • 人の生命、身體又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 國の機関若しくは地方公共団體又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより當該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

顧客情報の共同利用

當行は、次の場合において利用目的の達成に必要な範囲內で、顧客情報を共同利用することがあります。具體的な內容は、インターネットホームページへの掲載しております。なお、お客さまの個人番號を含む特定個人情報につきましては、共同利用を行うことはありません。

顧客情報の共同利用について

  • 當行グループ會社との共同利用
    當行は、別に定める「顧客情報の共同利用について」の「北國銀行グループ各社との共同利用 4.利用目的」に規定された目的で、共同利用しております。
  • 不渡情報の共同利用
    當行は、各地手形交換所及び參加金融機関等との間で手形?小切手の不渡情報を共同利用しております。
  • 個人信用情報の共同利用<個人のお客さまの個人情報のみ>
    當行は、個人信用情報機関及びその加盟會員により個人信用情報の共同利用を行っております。但し、個人信用情報機関から提供を受けた資金需要者の借入金返済能力に関する情報は、資金需要者の返済能力の調査の目的以外に利用?第三者提供はいたしません。

保有顧客データの開示等の手続きについて

當行は、お客さまご自身に関する保有顧客データ(①個人情報保護法2條7項に規定されている保有個人データおよび②法人のお客さまの情報について同規定に準じて定義される保有法人データをいいます。以下同様です。)の利用目的の通知?開示?訂正?利用停止等のご依頼があった場合は、ご本人であることを確認させていただいたうえで、次の手続きによりお答えさせていただきます。

申出先 お取引店の窓口にお申出ください。郵送による請求をご希望の場合は、手続き関係書類を送付させていただきますので、電話等でお問合せください。
手続きの種類
  • (1) 利用目的の通知の求め
  • (2) 開示の求め
  • (3) 內容の訂正、追加又は削除の求め
  • (4) 利用停止又は消去の求め及び第三者への提供停止の求め
請求が可能な方 本人様又は代理権が確認できる代理人様
提出書類 ご提出していただく書類は、ご請求の方法等により異なります。お取引店の窓口にお申出ください。
回答の方法 本人様のご來店又は本人様宛郵便にて文書で回答させていただきます。
手數料 當行が定める基本事項を求められる場合は1店舗1回當り550円(稅込)、それ以外の場合は別途定める手數料を現金又は口座振替にて申し受けます。また、郵送の場合は郵送料を別途申し受けます。
詳しくは窓口にてご確認ください。
回答期間 受付した日より起算して、原則10日以內を目途に対応させていただきます。
請求に応じられない場合 次に定める場合等は請求に応じられないことがありますが、手數料はご返卻できませんので、あらかじめご了承ください。
  • ?開示の求めの対象が?保有顧客データ?に該當しない場合
  • ?本人又は第三者の生命、身體、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
  • ?當行の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • ?他の法令等に違反することとなる場合
  • ※その他、開示等の手続きについて、ご不明な點がございましたら、お取引店の窓口にお申出ください。

顧客情報の取扱いに関する苦情等受付の窓口について

當行は、顧客情報の取扱いに関する苦情等の問合せに適切かつ迅速に対応するため、下記窓口を設置しておりますので、ご意見?ご要望等がございましたらお申し出ください。誠意をもって対応させていただきます。

苦情等のお問合せ窓口

北國銀行お客さま相談所
電話番號フリーダイヤル 0120-001-753
受付時間 9:00~17:00(土?日?祝日除く)

當行が加盟する認定個人情報保護団體

當行は、個人情報保護法上の認定を受けた認定個人情報保護団體である下記団體に加盟しております。下記団體では、加盟會社の個人情報の取扱についての苦情?相談をお受けしております。

加盟団體

全國銀行個人情報保護協議會(http://www.abpdpc.gr.jp)
(苦情?相談窓口)

  • ?全國銀行協會相談室 電話番號:03-5222-1700
  • ?又は、お近くの下記銀行とりひき相談所
    <銀行とりひき相談所(金沢)>
    電話番號:076-261-0510
    住所:〒920-0937 金沢市丸の內4-12

日本証券業協會(http://www.jsda.or.jp/)
(苦情?相談窓口)

  • ?個人情報相談室 電話番號:03-3667-8427
成在人线AV无码免费高潮水